介護福祉労働者連絡会

ひとりぼっちのヘルパーをつくらない

   トップページ
   トピックス
   連絡会ニュース
   掲示板・ひろば
   Q&A
   単組紹介
   リンク
 
6月の花:色待宵草
英名:Farewell to Spring
花言葉:静かな喜び・変わらぬ熱愛

英名のFarewell to Springは「春よさらば」初夏の花ですね。
“静かな喜び”ってどんな喜び?バンザイするほどじゃないけど、日常の小さな喜びやほのぼの感みたいなものでしょうか。でも、それが一番かけがえのないものなんでしょうね。
 

介護・ヘルパー
労働相談ホットライン

082-262-2099
月〜金10時〜18時
土は082-545-0147
13時〜18時

祝祭日を除く

相談無料・秘密厳守

 

 

  一覧


「介護に働く労働者がいきいき働ける処遇改善を!」処遇改善を(署名のご案内)

介護保険が始まって13年、やりがいはあるのに、あまりの低賃金・ひどい労働条件の下で職場を離れざるをえない状況にあります。
今政府は、介護保険における利用者の負担増や軽度者の切り捨てを検討しています。介護利用料の2割負担へ引き上げ、特養入居者は要介護3以上、要支援1・2を介護保険給付対象からはずし、段階的に地域支援事業にすることなどです。
今こそ、介護労働者がいきいきと働き続けられ、介護利用者・家族がともに安心して介護を受けられるようにするために、国の責任による制度充実が求められます。
請願署名にご協力ください。


ニュース「きずな」12号

学習会「コーチング」、介護宣伝他


ニュースきずな10号「連絡会総会&記念講演」

6月12日(土)、第5回総会を中区地域福祉センターで開催。京都ヘルパー連絡会の2人を含め約40人が参加しました。また、すべての議案が採択されました。


介護保障制度の充実を求める署名行動で140筆(きずな9号)

2月27日(土)、広島県労連、介護福祉労働者連絡会は、「高齢者が安心して受けられる介護保障制度の実現を求める国会への請願署名」に取り組みました。12時30分から広島市中区と本通電停前で取り組まれた行動には、6団体17名が参加し、約45分の行動で140筆の署名が集まりました。


【きずな8号】連絡会が広島県へ要請

介護福祉労働者連絡会は、10月21日、広島県健康福祉局介護保険課と懇談を行いました。連絡会から、由茅会長、堂垣内事務局長、齋藤幹事、別所さん(生協ひろしま福祉支部)ら6人が参加。広島県健康福祉局社会福祉部 介護保険課 竹廣順次主任主査、介護人材就業支援プロジェクトチーム小林洋美主任企画員、介護保険課金只久雄事業調査官らが対応しました。介護職員処遇改善交付金の利用状況等について、要請、懇談を行いました。


次ページ