原水爆禁止世界大会「核兵器のない世界を実現しよう」


原水爆禁止2017世界大会は8月3日〜9日まで、広島・長崎市で開催され、国連の核兵器禁止条約締結を確認し、日本政府をはじめ、各国に批准を求める具体的な手立てが確認される大会となりました。
 世界大会ヒロシマデー集会では2千人、長崎大会では7千人、のべ9千人が参加し、熱心な討論が繰り広げました。広島県内の参加者は、広島に580人、長崎に41人とここ数年間で最高の参加者となりました。
 長崎大会には、中満泉国連軍縮担当上級代表が参加し、「国連で採択された核兵器禁止条約の核心は、核兵器の否定を国際法として成文化したこと」と話し、「被爆者のみなさんの長年の取り組みが結実したものだ」と述べました。
 世界大会は、国際宣言で「すべての国が核兵器禁止条約に参加し、核兵器の完全廃絶に取り組む世論を発展させよう」と呼びかけました。また、国連会議をボイコットし核兵器禁止条約に背を向ける日本政府に対し、アメリカの「核の傘」から脱却し、条約に聴診することを訴えました。
 世界大会広島からのよびかけには、広島県原水協から起草委員として参加した神部泰県労連副議長の意見もあり「条約でも重視した平和教育の取り組みを強化しましょう」の一文が入りました。

世界大会は、今後の具体的な行動として、禁止条約への各国署名が始まる9月20日から世界同時行動(平和の波)に取り組むことを提唱しています。(写真はヒロシマで‐集会)

解雇、賃金・残業代未払い
セクハラ、何でも相談

労働110番

 

戦争法強行採決2年 ヒロシマ市民集会

■ 日時 9月18日(月・祝)14時〜

9月6日(水)18時
カープパブリックビューイング(ロードビル)
9月7日(木)18時
県労連幹事会(ロードビル)
9月8日(金)広島市社会保障推進協議会結成総会(体育館中)
9月9日(土)いの健金輪島ウオーキング
9月13日(水)18時半
原水禁世界大会実行委員会(ロードビル)
9月15日(金)7時半
ディーセントワーク行動(広島駅前大橋、そごう)
9月16日(土)10時
広島県労連定期大会(生協けんこうプラザ)
9月18日(月・祝)ストップ戦争法集会
広島県労働組合総連合 〒732-0052  広島県広島市東区光町2-9-24
Tel  082(262)1550  Fax  082(261)5059    
E-mail   hiroshimakenrouren@nifty.com