安倍「働き方改革」に反対を!
広島県中央メーデーに1000人が参加


「安倍働き方改革に反対」「憲法を生かす政治へ」などのスローガンを掲げ、第88回メーデーが広島県内5カ所で取り組まれ、約1300人が参加しました。

 広島市中区で開催された第88回広島県中央メーデーには、53団体1000人が参加。メインスローガン「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」、歴史的な闘いを進めていくことを誓いあいました。
 メーデー実行員会代表委員の八幡直美広島県労連議長は、「安倍政権の働き方改革は過労死ラインまでの時間外労働を容認するものだ。国際基準を踏まえた長時間労働の規制や最低賃金を時給1000円にして、誰もが人間らしく暮らする社会を実現しよう」と訴えました。
 「闘うヒロシマメーデー」実行委員会から土屋信三スクラムユニオン・ひろしま委員長、日本共産党大平喜信衆議院議員から力強い挨拶をいただき、アベ「働き方改革」を許さない課題などで、青年部、パート・臨時・嘱託労組連絡会、女性センター、広島県高齢期運動連絡会、憲法集会実行委員会が訴えました。
 「越智先生を職場に戻し民主的な山陽高校をつくる会」「社会保険庁不当解雇撤回闘争団」「金川産業損害賠償事件」「労働契約法20条裁判郵政原告団」など14団体が紹介され、裁判への支援を求めました。
 最後に「暴走する安倍政権と対決し、人間らしく生き働き続けられる社会の実現をめざす」ことを求めたアピールが採択され、参加者全員のシュプレヒコールと団結ガンバロウで閉会。タカノ橋商店街までの約2キロを「100時間残業は許さないぞ」「共謀罪は廃案にさせよう」などを訴えながら行進をしました。

解雇、賃金・残業代未払い
セクハラ、何でも相談

労働110番

 

「若者の貧困を考える」つどい

■日時
2017年6月4日(日)13時半〜

6月1日(木)12j15分
革新懇原発宣伝(本通)
6月1日(木)18時
県労連幹事会
6月4日(日)13時半
若者の貧困を考えるつどい(ゆいぽーと)
6月7日(水)14時
最低賃金引き上げ広島県要請
6月7日(水)15時半
最低賃金引き上げ労働局要請
6月10日(土)13時半
いのちと健康を守る徳島セミナー(〜6月11日)
6月13日(火)12時15分
共謀罪反対宣伝(新幹線口)
6月14日(水)10時
安保法制違憲訴訟
6月14日(水)11時20分
生活保護裁判
広島県労働組合総連合 〒732-0052  広島県広島市東区光町2-9-24
Tel  082(262)1550  Fax  082(261)5059    
E-mail   hiroshimakenrouren@nifty.com