5月1日 広島県内5カ所でメーデーが開催される


広島県中央メーデー集会は5月1日広島市中央公園ハノーバー庭園で開催され、実行委員会56団体や政党、市民など800人が参加しました。実行委員会代表委員の八幡直美県労連議長は、「安倍政権が進める『働き方改革』は残業の上限を月100時間も許す、過労死促進法である。8時間働いて、安心して普通に暮らせる社会を実現しよう」と訴えました。「憲法9条『改正』反対や非正規雇用労働者の待遇改善、核兵器の全面禁止」などを掲げたメーデーアピールを採択。参加者は、タカノ橋商店街まで「賃上げや均等待遇の実現」を訴えながらデモ行進しました。
福山地区統一メーデーは、福山地区労会議・福山市現業労組・国労などでつくる実行委員会が、主催し、25団体120名が参加しました。 西谷章実行委員長は、「第2次安倍政権誕生からちょうど5年半。国民を苦しめる安倍政権は退場しかありえない」と強調しました。暮らしと雇用、平和を守る政治への転換を求めるメーデー宣言を採択し、市中心部をデモ行進しました。
尾三メーデー集会は、5月1日17時30分より尾道市民会館にて開催され、40名が参加ました。主催者を代表して川井雄二尾三地域労連議長があいさつを行い「メーデーの起源にある8時間労働を根底から覆す「安倍働き方改革法案」の廃案を目指す決意と8時間働けばまともな暮らしができる社会を目指そうと」よびかけました。集会後は、尾道市役所前からJR尾道駅までデモ行進を行い、本通り商店街では「消費税増税反対」「中小企業を守れ」とアピールを行いました。
呉メーデー集会は、5月1日15時から堺川野外音楽堂で開催され80名が参加、ナッパーズ等の歌声のあと、森芳郎実行委員長が「市民と野党の共闘で、九条改憲阻止、働かせ方改革をはね返し、安倍政権退陣に全力を挙げよう」と挨拶、県労連など来賓挨拶、総がかり行動、年金改悪反対、教科書裁判の闘いの報告のあと、「労働者いじめ、国民不在の悪政を押し返す決起の日に」とのメーデー宣言を力強く採択。集会後、市中心部をデモ行進し市民にアピールしました。
県北メーデーは、5月1日三次市出会いの広場で開催され、33名が参加。うたごえサークルの歌唱で始まり、岸泰弘議長の挨拶の後、来賓の挨拶で「5月1日にメーデーを開催することが大事」と強調。集会宣言採択の後、市内をデモ行進し、「安倍9条反対!」「8時間働けば暮らせる社会の実現を!」などとコールし、安倍政権退陣に向けて、職場と地域から取り組みを強めていく決意を固め合いました。

解雇、賃金・残業代未払い
セクハラ、何でも相談

労働110番

 

今週の日程

7月12日(木)12時15分
公務労組連絡会決起集会

7月12日(木)12時15分
公務労組連絡会決起集会
7月12日(木)14時
広島県災対連世話人会議
7月12日(木)15時半
国民平和大行進事務局会議
7月17日(火)10時
国民大運動会議
7月17日(火)11時
広島県災対連会議
7月17日(火)15時
革新懇会議
7月20日(金)7時半
ディーセントワークデー行動
7月23日(月)18時半
調整会議
広島県労働組合総連合 〒732-0052  広島県広島市東区光町2-9-24
Tel  082(262)1550  Fax  082(261)5059    
E-mail   hiroshimakenrouren@nifty.com