学んで交流!労働組合をさらに大きく!!
〜「わくわく講座」閉講式&クリスマスパーティ〜


12月15日、わくわく講座閉校式「労働学校」は3講座に受講生23人を含めて34人が参加しました。第1講座「みんなで討論、みんなで決定、みんなで実践」講師 山根岩男氏(広島県労学協事務局長)、第二講座補講「パワハラ・セクハラはなぜなくならない」講師 大山泰弘氏(県労連労働相談センター副所長)、第3講座 未来をひらくナショナルセンター全労連・県労連 講師 今谷賢二さん(労学協常任理事)にお話しいただき、最後に終了テストを実施しました。
参加者からは「要求に基づく団結、資本からの独立、政党からの独立について具体的に理解ができた(第一講義)」(40歳代男性)、「セクハラ・パワハラなど、今後自分の職場で相談があれば参考にする(第二講義)」(30歳代男性」、「消費税はこれまで平等な税と思っていたが、お金持ちほど負担(割合)が軽くなることに驚いた。報道では見えない真理が見えるようになりたいです(第3講義)」(40歳代女性)などの感想が寄せられています。

大盛り上がりのクリスマスパーティ

夕方は、場所をSUZUCAFE広島に移し、医労連青年部大会に参加したメンバーも合流し、老若男女入り交じってのクリスマスパーティがひらかれました。5グループに分かれての交流、労働学校のクイズなどで、「広島カープ公式戦ペアチケット」などの景品をめざして盛り上がりました。県労連青年部担当でクリスマスパーティの実行委員長の徳田英明さんは、「たくさんの方に来ていただき、クイズやプレゼント交換と盛り上がりました。実行委員が中心となって、準備を入念に行った結果だと思います。委員のみなさん、ありがとうございました。」と話され、来年はさらに多くの青年が集まることを期待すると言われています。

解雇、賃金・残業代未払い
セクハラ、何でも相談

労働110番

 

広島県労連・ヒロシマ労連旗開き

■日時 1月9日(水)18時15分〜20時20分

1月6日(日)11時
広島市原水協座り込み(原爆碑)
1月6日(日)12時15分
69行動(金座街入口)
1月8日(火)7時半
新春宣伝(広島市内)
1月8日(火)11時
国民大運動広島県要請
1月9日(水)18時15分
新春旗開き
1月10日(木)18時
県労連幹事会
1月12日(土)10時
災対連署名行動(広島市口田、あすなろ診療所集合)
1月15日(火)12時15分
安保をなくす広島の会宣伝(メルパルク)
1月16日(水)11時半
生保裁判
1月16日(水)12時15分
共同センター宣伝(福屋前)
1月16日(水)14時
黒い雨裁判
広島県労働組合総連合 〒732-0052  広島県広島市東区光町2-9-24
Tel  082(262)1550  Fax  082(261)5059    
E-mail   hiroshimakenrouren@nifty.com