介護福祉労働者連絡会

ひとりぼっちのヘルパーをつくらない

   トップページ
   トピックス
   連絡会ニュース
   掲示板・ひろば
   Q&A
   単組紹介
   リンク
 
6月の花:色待宵草
英名:Farewell to Spring
花言葉:静かな喜び・変わらぬ熱愛

英名のFarewell to Springは「春よさらば」初夏の花ですね。
“静かな喜び”ってどんな喜び?バンザイするほどじゃないけど、日常の小さな喜びやほのぼの感みたいなものでしょうか。でも、それが一番かけがえのないものなんでしょうね。
 

介護・ヘルパー
労働相談ホットライン

082-262-2099
月〜金10時〜18時
土は082-545-0147
13時〜18時

祝祭日を除く

相談無料・秘密厳守

 

 

  トップへ 戻る


介護福祉労働者連絡会が第7回総会

7月7日 広島県労連介護福祉労働者連絡会第7回総会が広島ロードビルで開かれ40人が参加しました。齊藤美加会長は、「社会保障はどんどん切り崩され、介護で働く私たちの条件も良くならない。今、みんなで立ち上がろう」と挨拶。活動報告や。方針提起の後、職場から「一時金獲得」や「正規登用」などの闘いが報告されました。
記念講演として大阪社会保障推進協議会の日下部雅喜さんが「『改正』介護保険、現場からどう立ち向かうか」のテーマでお話しいただきました。日下部さんは「介護保険料は平均5000円にもなっており、介護報酬も実質0.8%のマイナス。利用者も労働者も事業者も苦しめられている。」と現状の厳しさを指摘し、「生活援助45分未満など生活援助切り捨ての中で現場で求められていること」など、事業所の努力で利用者に貢献できる可能性の必要性を話されました。「今後も政府は一層自助共助を持ち出し、公助を後退させようとしている。これまでの経験も踏まえ、いっそう運動を強める必要がある」と強調しました。